会社案内作成業者へ依頼してから完成するまでの流れ


Pocket

会社案内作成の際、業者へ依頼した場合の流れを知っておきましょう。会社案内作成を業者に依頼したからといって、その後何もしないまま、いきなり会社案内が完成することはありません。打ち合わせや確認事項などがありますので、会社案内作成を業者に依頼した際の流れを知っておけば、必要なときまでにきちんと会社案内を用意することができます。
まず、ヒアリングは必ずあるものと考えておきましょう。会社案内をどのような内容にするのか、こちら側のニーズを業者に知ってもらう必要があります。これを効率的に相手に伝えるには用意が必要ですので、前もって内容、希望、効果などのニーズ、そして扱っている製品などへの現状認識、競合状況などのマーケット認識などを明確化しておき、業者に伝えるようにします。
これらの情報から、強調すべきところを効果的に強調し、伝えたいことを分かりやすく伝えるための企画・プランニングを業者側が行ってくれます。企画コンセプトを定め、キービジュアルやキャッチコピーなどを考えてきて、プレゼンテーションしてくれますので、今度はそういった企画に対してチェックを行い、さらに要求を出したり、内容を練ったりすることになります。この時点で仕上がりのゴールが見えていないと、この先の会社案内作成の流れが迷走してしまいますので、企画・プランニングの工程は大変重要です。
企画が固まると、会社案内作成にいよいよ入ります。デザイン・レイアウト・コピーライティング・撮影などが行われます。用紙の選定も行いますし、色校正のチェックなども行います。
ここまで行って、最後の印刷・製本となります。
会社案内作成では工程がいくつかあり、工程毎にチェックが発生しますので、業者依頼後も行うことは色々とあります。きっちりチェックし、要望を伝えることでコミュニケーションを取りながら、訴求力のある会社案内を作成しましょう。